通信簿に“インフレ現象” 評価「1」つかない!?

公立中学校の通信簿の5段階評価で、学校や地域の差が依然としてある。「相対評価」から「絶対評価」に変わり7年目を迎えるが、成績のインフレ傾向が目立ち、生徒の9割に「5」をつけるケースも。


(産経08.05.06より引用)


首都圏1都3県で教育委員会が公表している最近のデータによると、公立中学3年の9教科平均で「5」の割合は相対評価(上位7%)時代と比べ、千葉が3倍、東京と埼玉が2倍だった。千葉県の場合、相対評価では3だったはずの平均値が、18年度に3.59に上昇。特に保健体育や美術などの技能系4教科で上昇が目立っている。学校間格差も大きく、「最も甘い」学校は平均4.11だが、「最も厳しい」学校は3.11と、1段階の差があるそうだ。

千葉県浦安市のある市立中では、「5」がついた生徒の割合は保健体育が89%、美術が74%、社会が69%、理科が59%。平均的な生徒でも計9教科のうち4教科で「5」がもらえる計算だ。生徒180人のなかで「1」がついた生徒は1人もおらず、「2」も各教科数人しかいない。

成績の格差に保護者は敏感だ。和歌山県の市立小では昨年、2年生の1学期の通知表を配布後、「別のクラスより評価が厳しい」と保護者からの苦情を受けて、成績を書き換えたことが発覚した。

千葉県は今春の入試から、独自の補正算式を用いて格差を是正し始めた。生徒の通う中学校の評定平均値が、県が設定する評定標準値より高ければ、その分を減じ、逆に低ければ加算する。「各校の絶対評価は尊重しつつ、相対評価には戻さずに公平にした。保護者からは理解されている」(県教委指導課)という。

公立高校入試の内申点は、以前は「10段階の相対評価」で行われていました。現在は通信簿の「絶対評価」が尊重されています。そのため、入試で少しでも有利になるような配慮から平均が「4」以上の学校が登場してくるのかもしれません。

補正算式を用いて格差を是正するとのことですが、通信簿は高校入試のためではなく、それをもらう生徒のためのものであり、努力の成果がきちんと反映されなくてはならないはずです。今の通信簿では相対的に成績上位グループの子は達成感が得られにくく、下位グループの子・親はますます安心して、学力が低下してしまうのではないかと心配になります。

小学校では◎○△の3段階絶対評価が導入されています。小学生を持つ親御さんからは“通信簿を当てにしてはいけないわよ”という話もよく耳にします。

学力向上の対策として、教師の増員や「夜スペ」などに求めるのも手立ての1つではありますが、学力の底上げには、できるだけ公平で正確な評価も大切だと感じています。